栄養学

消費者と食にかかわる人のための
新しい食品表示がわかる本

  • ■森田満樹/著
  • ■978-4-7895-5448-0
  • ■A5判 148mm×210mm 288ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2016年11月

2015年4月、食品表示法が施行されました。猶予期間は5年間ありますが、一部の例外を除いて全ての加工食品に栄養 成分表示が義務化されます。本書はその表示内容から表示方法まですべてをはじめての方にもわかりやすく解説します。消費者、事業者、行政担当者にも必携の書です。


食品成分最新ガイド
栄養素の通になる 第4版

  • ■上西一弘/著
  • ■978-4-7895-0923-7
  • ■A5判 148mm×210mm 264ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2016年9月

栄養素の基礎知識をわかりやすく紹介した解説書。 このたび「食品成分表2015」の改訂に合わせ、大幅にデータを改訂しました。栄養素のエピソードを集めた豆知識もさらに充実。 健康情報があふれる中、「あの情報はホント!?」などと迷ったときにたいへん便利。読んで楽しい情報源としてご活用ください。


佐々木敏の栄養データはこう読む!
疫学研究から読み解く ぶれない食べ方

  • ■佐々木 敏/著
  • ■978-4-7895-5442-8
  • ■A5判 148mm×210mm 320ページ
  • ■定価:2700円 (税込)
  • ■発行年月:2015年3月

「和食」は本当に健康食か? ダイエットは糖質か脂質か? 栄養健康情報はなぜゆがむのか? 「根拠に基づく栄養学」がその問いに答えます。 ……日本の栄養疫学研究をリードし未来を切り拓く佐々木敏さんが、疫学研究データから食べ物(栄養)と健康のつながりを読みときます。


~牛乳・乳製品を活用して~
栄養指導のための ライフステージ別 食の課題とアドバイス
栄養指導に役立つ活用ツール(CD-ROM)付!

  • ■企画/監修 一般社団法人Jミルク・栄養士向け情報開発研究会
  • ■978-4-7895-5452-7
  • ■A4判 210mm×297mm 66ページ
  • ■定価:1080円 (税込)
  • ■発行年月:2014年11月

胎児から高齢者までライフステージ別の身体の変化や、年代によって変化する「食のライフスタイル」(食行動)の特徴、栄養上の課題をわかりやすく整理し、いかなる状況においても健全な食生活が実践できるよう、個々の生活実態に合わせた「望ましい食事法」や「料理例」を収載しました。具体的には、ライフステージを「胎児期(妊婦期)」「乳児期(授乳期)」「幼児期」「学童期」「中学・高校生期」「成人前期」「成人中期」「成人後期」「高齢期」と細かく分け、体格形成や過度なダイエット、メタボ予防、骨粗鬆症予防など、それぞれの年代が持つ課題を分析します。その上で年代ごとのとるべき食事法、生活と牛乳・乳製品を活用した料理例を紹介します。


お母さんのための「食の安全」教室

  • ■松永和紀/著
  • ■978-4-7895-5354-4
  • ■A5判 148mm×210mm 288ページ
  • ■定価:1620円 (税込)
  • ■発行年月:2012年12月

放射線、食品添加物、遺伝子組換え、ノロウイルス……ちまたには「○○を食べれば安全、××は危険」という食の安全にかんする情報があふれています。
しかし、それらは必ずしも真実とはかぎりません。手元にこの本を置いて、テレビや新聞で気になる話題が出てきたら、「あれ、どんな話だっけ?」とページを開いてみてください。情報に惑わされずに、本当に心配しなければならないことを心配する。本書がその指針を示してくれます。


一歩一歩学ぶ生命科学(人体) 基礎編

  • ■生命科学教育シェアリンググループ/編著
  • ■978-4-7895-5437-4
  • ■A5判 148mm×210mm 184ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2010年12月

医師、看護師、栄養士など医療系の大学で学ぶ学生の基礎学習に最適の入門テキスト。
生命科学の基礎が、豊富なイラストとクイズ形式で楽しく学べます。いつでもどこでも、ひとりで学習できる自学自習方式ですから、人体の構造とその働きに関する必要最低限の知識がしぜんと身につきます。
本書に収められた基礎編だけでなくウェブ上ではその10倍のコンテンツを公開。本との併用でさらに理解が深まります。「生物はゼンゼンわかっていない」という初学者や「学生の基礎知識が不足」と嘆く先生にもぴったりです。


性・年齢・身体活動レベル別
食事摂取基準値早わかり

  • ■香川芳子/監修 川端輝江・山中由紀子/著
  • ■978-4-7895-0917-6
  • ■B5判 182mm×257mm 144ページ
  • ■定価:2052円 (税込)
  • ■発行年月:2010年2月

厚生労働省発表の新しい「日本人の食事摂取基準(2010年版)」を使いこなすためのガイドブックです。性別・年齢別・身体活動レベル別に再構成した表を栄養素ごとに掲載しているので、対象者個人の基準値がひと目でわかります。さらにそれに合わせた「食品構成表」も同頁に収め、実際の献立例まで紹介しています。現場の栄養指導・献立作りに便利です。


香川靖雄教授のやさしい栄養学 第2版

  • ■香川靖雄
  • ■978-4-7895-5434-3
  • ■B5判 182mm×257mm 192ページ
  • ■定価:3024円 (税込)
  • ■発行年月:2010年2月

女子栄養大学副学長である著者が、学生への長年の栄養学講義をもとに、初学者向けにわかりやすくまとめた栄養学の入門書。食事摂取基準の改訂に伴う見直しと、最新栄養学の知見を盛り込み、第2版としました。全編、講義のようなやさしい語り口で、栄養学を学ぶ意義と楽しさを知ることのできる1冊です。


時間栄養学
時計遺伝子と食事のリズム

  • ■日本栄養・食糧学会/編  香川靖雄ほか/著
  • ■978-4-7895-5433-6
  • ■B5判 182mm×257mm 160ページ
  • ■定価:3240円 (税込)
  • ■発行年月:2009年2月

近年、時計遺伝子による生体リズムの解明で、規則正しい生活のリズムを保つことが生活習慣病や疾病の予防・治療にいかに大切かが証明されつつあります。「なぜ、メタボは増え続けるのか?」「なぜ、口からとる食事が重要なのか?」「欠食・偏食がどんな影響を与えるのか?」等のテーマで注目された第62回日本栄養・食糧学会大会シンポジウムの書籍化。この新しい栄養学の多くの公衆栄養や臨床栄養の分野への貢献が期待されます。


科学が証明する
新・朝食のすすめ

  • ■香川靖雄/著
  • ■978-4-7895-5351-3
  • ■B6判 128mm×182mm 238ページ
  • ■定価:1728円 (税込)
  • ■発行年月:2007年7月

朝ごはんを食べると成績がよくなるって本当? なぜ朝ごはんを食べると生活習慣病の予防になるの? 朝ごはん抜きのダイエットはコレステロールが増える? 全国で推奨されている「早寝早起き朝ごはん」のメリットを科学的に証明します。


おからはどこへ行った?
現代人の食物栄養学68話

  • ■五明紀春/著
  • ■978-4-7895-5425-1
  • ■A5判 148mm×210mm 160ページ
  • ■定価:1620円 (税込)
  • ■発行年月:2000年7月

かつては家庭の価値ある重要食材だった「おから」は、現代の食物システムからリストラされてしまった。※「おからの旅」より
「食べて生きる」という日常茶飯事は、縄文の昔も現代も変わらない人間の普通の営みである。栄養学のスペシャリストが現代日本の「食」「栄養」について語ったコラム集。 日本経済新聞の連載「働き盛りの栄養学」を改題し単行本化。