がん

がん患者さんと家族のための
抗がん剤・放射線治療と食事のくふう 改訂版

  • ■山口 建(静岡県立静岡がんセンター総長)/監修
  • ■978-4-7895-5013-0
  • ■AB判 210mm×257mm 184ページ
  • ■定価:2160円 (税込)
  • ■発行年月:2018年1月

抗がん剤や放射線治療を受けている患者さんの「食べられない」悩みに答えます。吐き気、下痢、食欲不振、胃の不快感など様々な症状に対して、一口でも多く食べられる食事メニューを紹介。食欲不振の方が少しでも食べたいと思ってくれるように料理写真つきの索引も用意、また症状別に「適す」「配慮が必要」「適さない」の色分けを各料理に示しました。症状別に医師、看護師、栄養士がそれぞれの立場から生活のアドバイスをします。


がん研有明病院の
抗がん剤・放射線治療に向きあう食事

  • ■監修/比企直樹 食事指導/伊沢由紀子
  • ■978-4-7895-1831-4
  • ■B5判変型 182mm×235mm 136ページ
  • ■定価:1728円 (税込)
  • ■発行年月:2014年12月

がんで抗がん剤や放射線治療を受けている方は、味覚障害や飲み込み困難、におい過敏などの食にまつわる副作用に苦しむことが多く見受けられます。食べたいのに体が受け付けない、そんな方に「これなら食べられる」料理を症状別に色分けしているので、自分に合ったレシピがひと目でわかります。


がん研有明病院の
大腸がん治療に向きあう食事

  • ■長坂昌一郎・本田佳子・小川久惠/共著
  • ■978-4-7895-1823-9
  • ■A5判 148mm×210mm 152ページ
  • ■定価:1296円 (税込)
  • ■発行年月:2006年2月

糖尿病がひきおこす合併症の一つ、糖尿病腎症の食事療法をまとめました。糖尿病であり、腎不全でもある人のための治療食をバランスよく展開。「合併症の献立作成がむずかしい」という読者の声に応えて発刊しました。


がん研有明病院の
胃がん治療に向きあう食事

  • ■監修/比企直樹 食事指導/中濵孝志
  • ■978-4-7895-1833-8
  • ■B5判変型 182mm×235mm 136ページ
  • ■定価:1728円 (税込)
  • ■発行年月:2015年7月

胃がん治療で手術をされたかたには、胃を切除したことで術後に「食欲がない」「食べたくても食べられない」と悩むかたが少なくありません。本書は胃を手術しても、食事が楽しくQOLの高い人生を歩むための食事を、手術前・退院直後・退院後1か月~3か月・退院後3か月以降と段階ごとに詳しく紹介します。


がん研有明病院の
肝臓がん・胆道がん・膵臓がん治療に向きあう食事

  • ■監修/比企直樹 食事指導/中濵孝志
  • ■978-4-7895-1834-5
  • ■B5判変型 182mm×235mm 136ページ
  • ■定価:1728円 (税込)
  • ■発行年月:2015年11月

肝臓がんや胆道がん、膵臓がんなどの消化器系のがん治療は、手術前と手術後のしっかりとした食事のケアが必要です。病態ごとに術前1週間、術後1週間と回復に向けて段階を踏んだ食事をていねいに紹介します。


がん研有明病院の
口とのどのがん治療に向きあう食事

  • ■監修/比企直樹 医療解説/佐々木 徹
  • ■978-4-7895-1835-2
  • ■B5判変型 182mm×235mm 112ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2017年9月

口とのどのがん(頭頸部がん)は、治療の過程で舌やのど等食べ物を飲み込むのに必要な器官に障害が出てしまうことが多い病気です。本書は、治療中や術後に食事を正しくとるための、レシピ、食材の選び方、食べる時の姿勢などを写真とイラストを添えてわかりやすく解説します。


100日レシピシリーズ
胃手術後の100日レシピ
退院後の食事プラン

  • ■青木照明/監修 加藤チイ/栄養指導・レシピ作成 斉藤君江/料理作成
  • ■978-4-7895-1431-6
  • ■B5判 182mm×257mm 128ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2010年3月

消化・吸収の要である胃の切除手術後は「なにを食べたらいいのか」がいちばんの心配事でしょう。本書では、胃手術後、退院した日から100日間の食生活についてまとめました。帰宅した日の食事、一日5回の献立例、体重減少の不安や食後の不快感を防ぐ食事など、時間の経過とともに変化する機能面や精神面に沿ってアドバイスします。


100日レシピシリーズ
大腸がん手術後の100日レシピ
退院後の食事プラン

  • ■森谷冝皓/医療解説 桑原節子/栄養指導 重野佐和子/レシピ、料理作成
  • ■978-4-7895-1432-3
  • ■B5判 182mm×257mm 128ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2010年10月

大腸がんの手術は直接消化吸収に関わる部位を切除するわけではないので、基本的に食べてはいけないものはありません。 ただ、実際は多くの患者さんが排便トラブルを経験し、腸閉塞に対する不安を抱えています。本書は、大腸がん手術後の食品の選び方や調理のコツ、食べる量の目安など、排便トラブルを予防、解消するヒントが満載です。専門医による手術方法、回復期の過ごし方についての解説も充実しています。


100日レシピシリーズ
食道がん 術前・術後の100日レシピ
回復までの食事プラン

  • ■外村修一/医療解説 松原弘樹/栄養指導 小菅陽子/レシピ、料理作成
  • ■978-4-7895-1434-7
  • ■B5判 182mm×257mm 136ページ
  • ■定価:1944円 (税込)
  • ■発行年月:2011年3月

食道がんの食事のケアは手術の前から始まります。患者さんの多くは食道の狭窄などでものがうまく食べられません。体力が落ち抵抗力も弱まっていますから、栄養状態をよくしてから手術を受けたほうが術後の合併症も少なく、よりよく治る確率が高いのです。
また手術では、食道を切除し、胃を頸まで持ち上げて食道代わりにする施術がよくみられます。ですから、術後の体に慣れるには食事のリハビリが大きな意味をもちます。本書では術前・術後の食の悩みにかんするアドバイスと、食べやすいレシピを紹介します。