インストールしようとしたら「AdobeReaderで開けませんでした」と表示される(Mac)

※この記事はMac版です。Windowsの場合はこちらを参照してください。

栄養Proをインストールしようとしたら「Adobe Readerで「Eiyo-Pro-Trial_VerXXX.air」を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないか、またはファイルが破損している可能性があります。例えば、電子メールの添付文書として送信され、正しくデコードされなかったことなどが考えられます。」AdobeReaderで開けませんでした
と表示され、栄養Proをインストールすることができない場合はAdobe AIR Application Installerで開くように関連付けを変更する必要があります。

1.ダウンロードした栄養Proを右クリック([control]キーを押しながらクリック)し、表示されたメニューの中から「情報を見る」をクリックします。
スクリーンショット 2015-04-17 14.54.05
2.「このアプリケーションで開く」から「Adobe AIR Application Installer」を選択し、画面を閉じます。
スクリーンショット 2015-04-17 14.55.02

3.栄養Proのアイコンが段ボール箱に変わったことを確認します。アイコンをダブルクリックするとインストールが始まります。
アイコン

 

体験版がインストールできない

体験版がインストール出来なかった場合は、以下のことをご確認ください。

●栄養Proをインストールしようとしているパソコンが動作環境に合っているか。
【対応OS】 Windows XP SP3/Vista/Windows7(32ビット、64ビット対応)
      Mac OS X v10.5 日本語版
【CPU】 Intel Pentium4 2GHzクラス以上 Intel CoreDuo 1.83GHzクラス以上
【メモリ】 1GB以上(2GB以上推奨)
【HDD/SSD空き容量】 2GB以上推奨
【その他】 画面解像度1024×600ピクセル以上
※栄養Proに収載の「資料室」「かんたんガイド」をご覧になるにはAdobe Reader9以上が必要です。
※Windowsの場合、システムドライブのファイルシステムはNTFSが必須です。
続きを読む

栄養Proにもともと入っている料理は変更できませんか?

栄養Proにはあらかじめ約1500点の料理が収載されています。(体験版には約900点の料理が収載されています。)
収載料理は検索して、料理作成画面に呼び出すことで編集することができ、編集した料理は「まい料理」として登録することができます。

続きを読む

インストールしようとしたら「Adobe Readerで開けませんでした」と表示されます(Windows)

※画面はWindowsXPですが、Windows7、8でも流れは同様です。
栄養Proをインストールしようとしたら
「Adobe Readerで「Eiyo-Pro-Trial_Ver221.air」を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないか、またはファイルが破損している可能性があります。例えば、電子メールの添付文書として送信され、正しくデコードされなかったことなどが考えられます。」
と表示され、栄養Proをインストールすることができませんでした。
続きを読む

MacとWindowsでは内容に違いはありますか

栄養ProはMacにも対応しているとありますが、内容に違いはありますか?
とご質問いただきました。

栄養ProはMac OS X v10.5日本語版に対応していますが、内容はMacでもWindowsでも同じです。
MacとWindowsでは、ボタンの位置の違いと右クリックなどの操作方法が異なりますが、これは栄養Proに限らず他のソフトウェアでも同じです。
続きを読む

栄養Pro同士のデータのやり取りができません

異なるバージョンの栄養Proではデータのやり取り(取り込み)が上手くいかない場合があります。
体験版で作成した料理データを購入した栄養Proに取り込みたい」など栄養Pro同士でデータをやり取りする場合は出力側と取り込み側のバージョンをご確認ください。
続きを読む

食塩相当量が正しく計算されない

新規に登録した食品を使って料理作成をすると食塩相当量が正しく計算されない場合があります。

栄養Proでは食塩相当量をナトリウム量から算出して表示しているため、新規に登録した食品のナトリウム欄に数値が入力されていないと食塩相当量が表示されません。
食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000
続きを読む